小型移動式クレーン運転技能講習

ホーム>小型移動式クレーン運転技能講習

小型移動式クレーン運転技能講習とは

小型移動式クレーンとは

つり上げ荷重が1トン以上5トン未満の移動式クレーンを、小型移動式クレーンといいます。
※床上操作式クレーンの操作は、床上操作式クレーン運転技能講習が必要になります。

作業には作業資格が必要!

労働安全衛生法により、移動式クレーンの 運転の業務にはつり上げ荷重に応じた移動 式クレーン関係の資格が必要になります。
※小型移動式クレーン運転技能講習修了者は、 つり上げ荷重が5トン未満の移動式クレーンを 運転することができます。

公道走行には運転免許が必要!

公道上を走行する場合は、別途車両に応じた自動車運転免許が必要です。

例えば
積載形トラッククレーンは準中型・中型・大型自動車免許が必要!
ラフテレーンクレーンは大型特殊自動車免許が必要!

小型移動式クレーン運転業務に必要な資格

つり上げ作業の区分 運転士免許 技能講習修了者 特別教育修了者
5トン以上 × ×
1トン以上5トン未満 ×
0.5トン以上1トン未満

受講資格・料金など

※ つり上げ荷重1t以上5t未満の移動式クレーンを運転する資格が取得できます。

受講資格 期間 受講料
なし 1.免除なし3日(20時間)
2.玉掛又は床上操作式クレーン技能講習修了者2.5日(16時間)
 3日 : 28,000円
2.5日 : 25,800円

山形労働局長登録教習機関 登録第74号

講習内容

学科講習

クレーン、原動機、力学、関係法令について教本を用いての座学講習になります。
■クレーン:6時間 ■原動機:3時間 ■力学:3時間 ■関係法令:1時間

実技講習

荷のつり上げ、卸し操作の実技講習になります。
■荷のつり上げ・卸し:6時間 ■合図:1時間

床上操作式クレーン運転技能講習修了者、玉掛け技能講習修了者は、学科講習(力学)実技講習(合図)が免除になります。


実技講習風景

主な対象機種

  • ・積載型トラッククレーン
  • ・ラフテレーンクレーン
  • ・クローラクレーンなど
  • ・クレーン機能付き車両系建設機械

講習会場/山形クレーン学校

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
8〜10 10〜12 10〜12 12〜14 10〜12 13〜15 11〜13 8〜10 6〜8 13〜15 4〜6 7〜9
× × 10 8 10 10 10 10 10 × × ×
22〜24 24〜26 25〜27 26〜28 23〜25 25〜27 25〜27 22〜24 20〜22 26〜28 14〜16 22〜24
× 7 10 10 10 10 10 10 10 × × ×

▲ページの先頭に戻る

講習会場/マツキドライビングスクールさくらんぼ校

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
3〜5 3〜5 3〜5 3〜5 4〜6 3〜5 2〜4 3〜5 3〜5 4〜6 1〜3 1〜3
× × 5 8 10 10 10 10 10 × × ×
19〜21 18〜20 19〜21 19〜21 19〜21 18〜20 16〜18   18〜20 18〜20 15〜17 16〜18
× 1 8 10 10 10 10   10 × × ×

▲ページの先頭に戻る

講習会場/マツキドライビングスクール松岬校

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
2〜4 17〜19 2〜4 1〜3 3〜5 2〜4 18〜20 15〜17 13〜15 5〜7 21〜23 14〜16
× 2 9 10 10 10 10 10 10 × × ×
                       
                       

▲ページの先頭に戻る

▲ページの先頭に戻る